活動実績

食品の寄贈 活動実績

寄贈事業者

食品の寄贈_ワンエイドとお福わけの会
フードバンクかながわからの食品提供は本部倉庫と5か所の中継センター(相模原市中央区、海老名市、綾瀬市、藤沢市、川崎市麻生区)で行われます。中継センターまでは生協の配送ラインを活用し、このようなかご車で運ばれます。


食品の寄贈_ミツハシライス㈱
お米は最も要望の多い食品です。ミツハシライス(株)より毎月600kgのご提供を受けています。またユーコープからの提供も受けています。大変ありがたく、利用させていただいています。


食品の寄贈_お米は再精米
お米は食味や虫害等を考慮し、必ず再精米し、10合(1.5kg)に小分けして提供します。



■食品寄贈を登録頂いている法人一覧はご支援のお願いページをご覧ください

フードドライブ(市民の食料寄付)活動実績

事業者からの寄贈の他に、フードバンクかながわではフードドライブ(市民の食品提供活動)を呼び掛けています。何らかの理由で食料が必要な人々や状況があることを共有し、分ちあい社会での「もったいないを分かち合い・ありがとうに」変える活動です。

まつりなどのイベントや店舗などで多くのフードドライブが行われています。フードドライブで提供を呼び掛けるのは、常温で保管でき、未開封で、賞味期限が2か月以上残っているものです。冷凍冷蔵食品、生鮮食品、アルコール類は除きます。

フードドライブ活動

フードドライブ活動実績


■最新情報はInformationをご覧ください。
2018年4月 神奈川中央メーデー会場、オムロンレーザーフロント労組、横浜水道労連で各々フードドライブ実施
2018年8月 8/1~31 ユーコープ20店舗でフードドライブ実施
2018年9月 9/7 協同組合のつどい フードドライブ実施、パルシステム神奈川ゆめコープセンターまつり小田原会場でフードドライブ実施
9/22 パルシステム神奈川ゆめコープよこすかセンターまつりでフードドライブ
2018年10月 10/1~31 WE21の10ショップ、ユーコープ相模原5店舗でフードドライブ
10/9  連合チャリティー交流会にてフードドライブ
10/11 神奈川県生協大会にてフードドライブ
10/20 横浜労福協ヨコハマwai!wai!フェスタにてフードドライブ、金沢区民まつり、保土ヶ谷区民まつりにてフードドライブ
10/21 逗子市民まつり、綾瀬市福祉まつりにてフードドライブ
10/27 パルシステム神奈川ゆめコープセンターまつり

食料提供 活動実績

地域の支援団体とも食品取り扱いに関する合意書を取り交わし、食品を提供しています。提供先については〈訪問調査・事業推進会議で承認〉し、公益性を明確にしています。

食料提供活動 食料提供活動
フードバンクかながわに集められた食品を、地域フードバンクのお福わけの会が倉庫に取りに来られました。お福わけの会は子育て拠点4箇所を活用し、ひとり親家庭・就労から外れているなどの理由で食支援を必要な世帯で、食品の分け合いを行っています。



座間市・相模原市で地域フードバンクを実施するワンエイドの方が中継拠点のおうちコープ座間センターに食品を取りにこられました。 提供食品は相手のニーズに合わせて箱に入れ、かご車で運びます。


食料提供にあたって合意書を締結している団体(2018年10月現在、順不同)

行政・社協関係(食品受取団体) 19団体 伊勢原市生活福祉課、相模原市、金沢区社会福祉協議会、秦野市・秦野市社会福祉協議会、藤沢市社会福祉協議会、神奈川県社会福祉協議会、逗子市社会福祉協議会、横浜市社会福祉協議会、綾瀬市社会福祉協議会、座間市社会福祉協議会、藤沢市地域包括システム推進室、逗子市(福祉事務所)、川崎市健康福祉局生活保護・自立支援室、社福)中心会、相模原南児童ホーム、横須賀市、横浜市並木地域ケアプラザ(横浜市社協)、横浜市西金沢地域ケアプラザ、瀬谷第四地区社会福祉協議会、戸塚区寄り添い型学習支援事業(原宿地域ケアプラザ・湘南とつかYMCA)、 神奈川県中央児童相談所、平塚児童相談所、厚木児童相談所
食品受取団体 32団体+運搬支援 お福分けの会(FB)、神奈川フードバンク・プラス(FB)、NPO法人 ワンエイド(FB)、 よこすか なかながや、NPO法人 なんとかなる(横須賀市)、 NPO法人湘南地域デザイン(藤沢市)、 みんなの居場所ちゃお運営委員会(相模原市)  サンタこども食堂(港南区)フードバンク横浜(FB)、自立援助ホーム 湘南つばさの家(茅ヶ崎市)さくらの森・親子サポートネット(大和市)、セカンドリーグ神奈川、駒岡 丘の上こども食堂、(フードコミュニティ(相模原市)※運搬支援)、金沢子ども食堂すくすく、ひよこカフェ(新杉田地域ケアプラザ)、みんなの食堂(逗子市) キッチンうめちゃん(磯子区)、NPO法人パノラマ(田奈高校、大和東高校)、フードバンクかわさき(FB)ひばり食堂(相模原市)、フリースペースたまりば(川崎市)、こどもすまいる食堂(磯子)、あさみぞみんなのコミュニティ(相模原市)、川崎市母子寡婦福祉協議会、NPO法人寺子屋ハウス(藤沢市)、ふれあいっこ三ツ沢(神奈川区、ぱくぱく食堂(綾瀬市)、NPO法人地域福祉を考える会(伊勢原市)、相武台団地商店街こども食堂(相模原市)、社福)助け合い唯 子ども家庭支援センター桜の木(金沢区)  公益財団法人よこはまユース(中区)、CoCoLoの会、NPO法人さくら茶屋にししば(金沢区)、カナン・キリスト教会(中区)、NPO法人湘南まぜこぜ計画(藤沢市)

※2018年の事業開始以来、4月~10月8.5トンの食品を提供しました。

地域連携 活動実績

相談窓口を設置する行政や社協と連携し、緊急的に食品の必要な人に食品を提供しています。

地域連携活動 地域連携活動
相模原市との「食品の譲渡に関する合意書」交換式(2018年8月24日)。
加山俊夫市長(写真左)と當具伸一代表理事。


連携する自治体・社協(2018年8月現在)

横浜市 生活困窮者への食支援の実施に向け、横浜市社協と連携協議を開始。金沢区社協と子ども食堂支援で連携。
川崎市 健康福祉局生活保護課と連携。パルシステム麻生センターで、川崎市の3地区が食品を一括で受けとり必要部署に配送。
相模原市 生活困窮者自立支援窓口での緊急対応食料を支援。子ども食堂への提供は市が窓口となり連携がスタート。困窮者支援分はユーコープ相模原センターで相模原市が受け取り。子ども食堂分はフードコミュニティが受け取り、配送。
藤沢市 藤沢市・藤沢社協が行う生活困窮者自立支援相談窓口に食料を提供。ユーコープ藤沢センターで藤沢市が受け取り。
横須賀市 生活福祉課で活用。フードバンク神奈川プラスを通じて連携。
逗子市 行政・社協と連携。生活困窮者自立支援相談窓口に食料を提供。
座間市 座間市の困窮者支援には地域フードバンクのワンエイドを通して連携。座間市社協に食料支援を予定。
綾瀬市 社協と連携。生活困窮者へ食支援で使う食料を提供。
伊勢原市 生活福祉課と連携。相談窓口で支援する食料を提供。

フードバンク学習 活動実績

社会に拡がる見えない貧困や、年間646万tに拡大しもったいないだけではなく環境破壊にもつながる食品ロスを学び、分ちあい社会・循環型社会を学ぶフードバンク学習会を開催しています。

生活クラブ生協、パルシステム神奈川ゆめコープ、JA中央会、We21ジャパン、労福協、うらがコープ、福祉クラブ生協など

2018年7月 7/2  生活クラブ学習会
7/23 ユーコープ非常勤理事学習会
7/26 高校生新聞H!P 取材来訪(高校生記者4名、県消費生活課2名、神奈川新聞3名)
7/31 パルシステム神奈川ゆめコープ学習会
2018年8月 8/13 県立保健福祉大学生視察
8/14 高校生1名ボランティア(米の小分け、真空パック)
8/15 神奈川みなみ医療生協学習会
8/20 労協11名+高校生2名(神奈川新聞2名)体験研修(フードドライブ品検品、仕分けなど)、鳥取県労福協来訪(5名)、WE21和泉説明会(訪問)
8/22 WE21学習会・体験研修(9名)
8/23 さがみ生活クラブ生協学習会
8/24 WE21学習会
8/29 韓国労総京畿地域本部来訪
2018年9月 9/3 WE21横浜南学習会
9/7 生活クラブ共済たすけあい委員会、学習体験研修
9/18 ユーコープ新入職員 体験研修(40名)、JA学習会
9/21 横浜みなみ生活クラブ生協学習会(45名)
9/27 横浜北生活クラブ生協学習会、かわさき生活クラブ生協学習会
2018年10月 10/1 横浜労福協体験研修
10/8 ユーコープ秋の感謝祭にてフードバンク活動紹介
10/12-13 相模原市みんなの消費者展にて活動紹介
10/23 川崎市事業系食品ロス対策セミナーで報告
10/24 うらがCO-OP視察研修(39名)
10/25 神奈川シニア連合体験研修(15名)
10/29 慶応大学学生 取材(一般家庭の食品ロス問題)

学習活動

ボランティア体験 活動実績

相談窓口を設置する行政や社協と連携し、必要な人に食品を提供しています。

ボランティア体験活動 地域連携活動
フードバンク倉庫で米の精米や小分け作業。フードドライブ品の点検・仕分け作業の体験作業を行っています。どういう食品が喜ばれるか、使う人を思いやる時間です。高校生のボランティア体験、生協・労働団体組合員・NPOメンバーが体験しました。